新光ナイロン株式会社ホームページ
image 新光ナイロン株式会社会社案内のページへ image
お問い合せのページへ
image
ホームページTOPへ
ヘチマロン・土木用途TOPへ
ヘチマロン・汚水浄化用途TOPへ
ヘチマックス・マットレスTOPへ
image
周囲の土木の水が素早く管内に導かれます。有孔管では穴付近の土砂からの水しか入らず、穴から離れた部分の水は、穴までの長い距離の土の中を通って穴にたどり着きます。ヘチマロンの場合、全表面に均等に流入口がある為、ヘチマロン周囲の水を含んだ土から、すぐに水がヘチマロン内に流入し、素早く排水されます。 有孔管では、小さな穴に集中して水が流れ込む為、表層部分に巻いた土砂止めフィルターの一部だけに土砂が堆積し、目詰まりを起こしやすくなります。特に周囲地盤から大量の水が浸出する場合、一部の穴だけに排水負担がかかり、水流流速が増し、周囲土砂が高速水流に引き込まれて穴表面に土砂が急速に集積し、目詰まりしやすくなります。 ヘチマロンの表面積全体を均等に活用して水を受け入れる為、流れ込む水流も有孔管の場合にくらべてゆるやかで、土砂の引き込みや過剰堆積も起こらず、透水経路が長持ちします。 ヘチマロンはポリプロピレン樹脂繊維を熱溶着した強固な立体網目構造で、土圧を受けても歪みが少なく、内部空隙率も高い値を保持しており、土圧を受けても排水能力を保持できます。 熱可塑性合成樹脂を加熱溶融してノズルより押し出し、繊維状としたものをカールさせたまま積み重ね、繊維の相互接点を溶着成型して一体化したポーラス材です。 もたれ擁壁裏込透水材、植樹の灌水、裏込栗石の代替、道路路盤排水、グランド暗渠排水、トンネル裏面排水、屋上緑化排水、土木用暗渠排水材 産業廃水処理、気液接触濾材、河川浄化、合併浄化槽、路床排水
image 暗渠排水材・ドレーン材<ヘチマロン> image image
image image image
暗渠排水材・ドレーン材<ヘチマロン> image
 当社はプラスチックの強固な立体網状構造体「ヘチマロン」を
 世界で初めて開発したパイオニア企業です。
image
image image 暗渠排水材
image 会社概要
image image
image image
image
商 号 新光ナイロン株式会社
代表者 代表取締役 宮本 光良
本社所在地 〒562-0045
大阪府箕面市瀬川5丁目4番25号
TEL. 072−721−2391
FAX. 072−723−2191
営業拠点
東京営業所:    〒101-0048
東京都千代田区神田司町2丁目14 大鷹ビル2F
TEL.03-3252-5805
FAX.03-3252-5804
大阪営業所:    〒562-0045
大阪府箕面市瀬川5丁目4−25
東北出張所:    〒984-0011
宮城県仙台市若林区六丁の目西町3-12
MaunaBlanc六丁の目403号
TEL.022-353-6582
FAX.022-353-6583
福岡出張所:    〒820-0043
福岡県飯塚市西町7−77
パークコートM−1−701号
TEL.0948-52-6530
FAX.0948-52-6531
生産拠点 埼玉、大阪、兵庫
設 立 1958年7月2日
資本金 9,600万円
社員数 30名
取引銀行
三井住友銀行    池田支店
みずほ銀行    池田支店
事業内容
土木用暗渠排水材、廃水処理用充填材、マットレス等の民生品、
その他の合成樹脂立体網状構造体の製造・販売

商標名:    ヘチマロン ヘチマックス他
特 許:    日本、英国、西独、韓国、台湾、他
所有特許 40余件
image
▲このページのトップへ
|TOP |土木用途TOP |汚水浄化用途TOP |ヘチマックス・マットレスTOP |会社案内 |お問い合せ | 「ヘチマロンとは」熱可塑性合成樹脂(ポリプロピレン)を加熱溶融してノズルより押し出し、繊維状としたものをカールさせたまま積み重ね、繊維の相互接点を溶着成型して一体化したポーラス材です。「ヘチマロンの排水性能」周囲の土木の水が素早く管内に導かれます。有孔管では穴付近の土砂からの水しか入らず、穴から離れた部分の水は、穴までの長い距離の土の中を通って穴にたどり着きます。ヘチマロンの場合、全表面に均等に流入口がある為、ヘチマロン周囲の水を含んだ土から、すぐに水がヘチマロン内に流入し、素早く排水されます。「ヘチマロンと有孔管の比較」有孔管では、小さな穴に集中して水が流れ込む為、表層部分に巻いた土砂止めフィルターの一部だけに土砂が堆積し、目詰まりを起こしやすくなります。特に周囲地盤から大量の水が浸出する場合、一部の穴だけに排水負担がかかり、水流流速が増し、周囲土砂が高速水流に引き込まれて穴表面に土砂が急速に集積し、目詰まりしやすくなります。ヘチマロンの表面積全体を均等に活用して水を受け入れる為、流れ込む水流も有孔管の場合にくらべてゆるやかで、土砂の引き込みや過剰堆積も起こらず、透水経路が長持ちします。またヘチマロンはポリプロピレン樹脂繊維を熱溶着した強固な立体網目構造で、土圧を受けても歪みが少なく、内部空隙率も高い値を保持しており、土圧を受けても排水能力を保持できます。「ヘチマロンの主な用途」もたれ擁壁裏込透水材、植樹の灌水、裏込栗石の代替、道路路盤排水、グランド暗渠排水、トンネル裏面排水、屋上緑化排水、土木用暗渠排水材、産業廃水処理、気液接触濾材、河川浄化、合併浄化槽、路床排水
本サイトに掲載の文章・画像・図面等の転載を禁じます。すべての著作権は新光ナイロン株式会社に帰属します。
Copylight ©2003 Shinko-nylon Corporation. All rights reserved.
「ヘチマロンとは」熱可塑性合成樹脂(ポリプロピレン)を加熱溶融してノズルより押し出し、繊維状としたものをカールさせたまま積み重ね、繊維の相互接点を溶着成型して一体化したポーラス材です。「ヘチマロンの排水性能」周囲の土木の水が素早く管内に導かれます。有孔管では穴付近の土砂からの水しか入らず、穴から離れた部分の水は、穴までの長い距離の土の中を通って穴にたどり着きます。ヘチマロンの場合、全表面に均等に流入口がある為、ヘチマロン周囲の水を含んだ土から、すぐに水がヘチマロン内に流入し、素早く排水されます。「ヘチマロンと有孔管の比較」有孔管では、小さな穴に集中して水が流れ込む為、表層部分に巻いた土砂止めフィルターの一部だけに土砂が堆積し、目詰まりを起こしやすくなります。特に周囲地盤から大量の水が浸出する場合、一部の穴だけに排水負担がかかり、水流流速が増し、周囲土砂が高速水流に引き込まれて穴表面に土砂が急速に集積し、目詰まりしやすくなります。ヘチマロンの表面積全体を均等に活用して水を受け入れる為、流れ込む水流も有孔管の場合にくらべてゆるやかで、土砂の引き込みや過剰堆積も起こらず、透水経路が長持ちします。またヘチマロンはポリプロピレン樹脂繊維を熱溶着した強固な立体網目構造で、土圧を受けても歪みが少なく、内部空隙率も高い値を保持しており、土圧を受けても排水能力を保持できます。「ヘチマロンの主な用途」もたれ擁壁裏込透水材、植樹の灌水、裏込栗石の代替、道路路盤排水、グランド暗渠排水、トンネル裏面排水、屋上緑化排水、土木用暗渠排水材、産業廃水処理、気液接触濾材、河川浄化、合併浄化槽、路床排水